新着情報

「伝える」から「伝わる」に意識をシフト

更新日:

外国人採用サポートセンター「アンサー×アンサー」を運営する

(株)アリスは開発ものづくりの会社です。

ベトナム人エンジニアを雇用して、試作品や治具、部品などを製作しています。

製作指示で意識している事は、「伝える」事ではなく、「伝わる」

ようにする事です。

伝えても仕方ありません。

伝わったかどうか!?

伝わってなかった場合は指示ミスとして注意しています。

リピートは問題ありませんが、新規で製作する部品や治具では

伝わっていないと失敗してしまいます。

だからと言って、何でもかんでも書けばいいって訳ではありません。

重要なポイントがわかりにくくなります。

シンプルに整理してから伝えていく事が重要です。

伝わったかどうか!?

何度確認しても伝わっていない場合はミスします。

指示書や図面、データでの説明はもちろんの事、ポンチ絵や参考画像

なども含めて、いろいろな伝わる方法を工夫して伝えています。

もっとも重要な事は、「伝わる」よう強く意識しているかどうかです。

「伝える」事を意識していると「伝わらない。」事が起こります。

伝えたのに!!

なんて相手のせいにせず、どうしていたら伝わっていたのか?

そう考えるだけで「伝わる」ようになっていきます。

特にニュアンスを外国の人たちに伝えるのは難しく、ポイントを抽出して

複雑な事をシンプルに整理する知恵が必要となります。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.