新着情報

どこの国の人間も笑いのツボは同じ

更新日:

アリスのベトナム人エンジニア。

その一人が、とても愉快な人。

私は何か頼んだ時のお礼をベトナム語で、「ありがとう。」と言います。

するとベトナム語で、「どういたしまして。」と答えてくれます。

また仕事を頼んだ時に、日本語で、「ありがとう。」と言うと、日本語で、「どういたしまして。」と答えてくれます。

そこで今度は、英語で、「ありがとう。」と言うと戸惑って、慌てて日本語で、「どういたしまして。」と回答しました。

次に仕事の依頼をした時に、もう一度、英語で、「Thank you」と言うと、「No problem」と回答してくれたんですが、発音がおかしい。(笑)

そこで次の機会にも英語でお礼を言うと、本人が思いっきり吹き出しながら、「No problem」と返してきました。

自分でボケて、自分で笑う。

お笑いではもっともあかん、あのパターンです。(笑)

みんなで大笑いしながら、ベトナム人も笑いのツボは同じだなぁと思いました。

弊社の開発ものづくりに従事するベトナムエンジニアがCADCAMを活用してCNCマシニングセンタで切削加工している動画です。

ぜひご覧下さい。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.