新着情報

開発試作アリスの失敗事例☆転職を繰り返すベトナム人たち

更新日:

ベトナム人エンジニアの雇用にも多くの問題点があります。

弊社アリスの失敗事例です。

頼まれて雇用したベトナム人エンジニア。

エンジニアは、技術・人文知識・国際業務という在留資格に属します。

この在留資格を持つエンジニアたちには転職する権利があります。

そこに就労ビザが絡みます。

ある目的で転職を繰り返す人たちは、就労ビザの更新後に、

すぐ転職していきます。

その目的は、出稼ぎです。

入国申請時には通りやすいエンジニア仕事を給与が安くても選択します。

その後、労基違反で仕事三昧の仕事を暗躍するブローカーに紹介して

もらって転職します。

その転職時期は就労ビザの更新後です。

(株)アリスでは、就労ビザ更新前にすぐに辞めないかの意思を

確認しています。

ですが、その時には、「ずっと頑張る!」と必ず言います。

ですが、就労ビザが更新できれば、すぐ退社を 言ってきます。

本来、在留資格で決められた職種ではない会社に転職。

次の就労ビザ更新前に、在留資格で働ける会社にまた転職します。

その後就労ビザを更新したら、また働いてはいけない会社に転職。

繰り返しているベトナム人たちが多くいます。

そういった人たちはさぼり方も上手です。

それになんと学歴や職務経歴を詐称していました。

大学や短大を卒業しておらず、エンジニアになる資格がありませんでした。

卒業証書や職歴、知能テストなどをフォトショップなどで改ざん

しているので見抜くのが難しい。

国内転職組はよく調べて調査して採用しないと失敗します。

開発試作アリスのベトナム人エンジニアが、CNCマシニングセンタで

切削加工している動画です。

ぜひご覧下さい。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.