新着情報

ベトナムやアジアの給与事情

更新日:

中国、ベトナム、タイ、ミャンマー、インドネシアなどの月給を現地の人たちに聞いた事があります。

大体ですが、月給が2~3万円程度がアジアの相場ではないかと思います。

大人数いる家族の世帯収入が3万円程度という場合もあります。

残業しても.3.5万円程度。

いくら働いても収入は増えない。

だから若い子供達に外国で働いてもらって稼ぐ。

そのお金を他の子どもたちが外国で働くために使う。

その子たちが海外で働いて、その家族が少しずつ裕福になっていきます。

中国でも聞きましたが、日本で15年間とか20年間働いて帰国。

貯金を使って母国で事業を起こしたり、親孝行したりしている様子。

技能実習生は凄いと思います。

日本の給与の感覚。

それは、給与から税金や福利厚生費、家賃や水道光熱費などが 引かれて手取りが10万円程度になっても、故郷のベトナムでの給与の3倍程度。

日本で生活するから3倍のお金がかかりますが、それを自炊したりして無駄使いをせずに仕送りをする人たち。

犯罪者も多いですが、基本的にはそんな人たちが日本に働きに来ています。

ハングリー精神を持っているのも理解できます。

弊社のベトナム人エンジニアがCAD/CAMを使って切削加工している動画です。

ぜひご覧下さい。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.