新着情報

外国人の転職希望者を採用する時に注意すべき事

更新日:

よくベトナム人求職者から電話やメール、FAXがあります。

なかには、「何でもするから採用して欲しい!!」とか。

それは全員女性です。

電話で話したことがありますが、偽装結婚で入国したと思われる人がいました。

日本人と結婚したので在留資格があるからずっと働ける。

でも旦那は一緒に住んでおらず、いないの一点張り。

友達のところで同居していて、日本中どこでも良いので就職したい。

んなnそんな場合は、ビザ更新が目的ではないかと思います。

それも訳ありで、企業からでないとビザの更新が本人ではできない状況。

また会社を退社となった。

会社都合なら良いのですが、退社となる問題を起こした場合も多いと思います。

それにエンジニアに多い場合は、面接で何でもすると言っておいて高額な給与を要求。

入社させても大した実力もなく、仕事も狭い範囲しかしない。

ずっとそうして来てるので、できる仕事も少なく、技術も並レベル。

給与にまったく見合いません。

それに仕事さぼる。

マイペースで生産高が低く、赤字社員になる。

わがままで失敗も多く、責任感も薄く、仕事ではなく自分の都合で行う。

納期は普通の2倍かかり、手伝う事もない利己主義者。

そんなのを雇用して大赤字が続いた時期があります。

良い人も多いですが、割合は2割と考えて面接で見抜くことを考えないといけません。

平気で嘘を言うので、短期間の即戦力で通用しなければ試用期間を更新しない。

求める仕事内容を伝えて、試用期間を設けるのが大切なんだと思います。

開発試作アリスのベトナム人エンジニアがCAD/CAMを使って切削加工している動画です。

ぜひご覧下さい。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.