新着情報

外国人労働者の受入拡大で日本人の仕事は無くなるのか?

更新日:

外国人労働者の受入を拡大すると日本人の仕事は無くなるのか?

早い段階で外国人労働者の受入人数は拡大します。

在留資格も単純労働まで業種が増えます。

それでも日本人の仕事は無くならない。

私はそう思います。

理由は、外国人と同レベルの力を有するならば日本人を選ぶからです。

海外展開でもなければ、本当は企業も日本人を雇用したい。

ですが、求める人材に日本人が少ない。

工業系の高校は求人が多くて4社に1社しか卒業生を出せないと いう

人気校もたくさん。

ものづくりの企業は大卒は使えない人や すぐに辞める人が多いので、

工業高校や高校に人材を求めています。

新卒だけでなく、転職であっても同じこと。

社会的なルールを守り、明るく前向き、継続して努力する ことで企業に役立つ。

そういう社会人としての意識を持つ日本人であれば、単純労働も含めて

仕事はなくならない。

やる気がなく、時間を無駄に使い、他人に責任を押し付けて、 仕事をしない人たち。

自分の能力の無さを、会社や経営者、上司や同僚、社会のせいにして誹謗中傷を

続ける人たち。

自己中で企業風土やルールを無視して馴染もうとしない人たち。 そういった企業に

必要のない人たちは元々仕事がないはず。

そういった他人に迷惑をかける人たちを無理して 企業は雇用しなくて良くなる。

それだけの事ではないかと考えています。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.