新着情報

外国人採用での大失敗⑥警察ざた

更新日:

ある日会社に警察から電話が掛かって来ました。

神戸駅で雇用していたスタッフが日本人を喧嘩になったと。

建設業の社長様が従業員様と5~6人で夜の神戸駅をみんなで飲んだ後歩いていた。

数名のベトナム人とぶつかった。

そこで喧嘩になって、殴り合いをしてベトナム人は逃走。

うちのベトナム人スタッフと相手のグループが警察に連行された。

そんな事件です。

警官は、一方的にベトナム人が悪いと言う。

本人は日本人が避けても避けてもぶつかって来て殴られたと。

殴り合いして逃げたベトナム人は知らない他人だと言います。

日本人に絡まれていたので助けてくれたと。

そのベトナム人の連絡先を教えろと言っても教えない。

仕方ないので、警察に電話して本人の話を伝えました。

嘘があるとは思いましたが、相手にも問題があると判断。

警官に、一方的に悪いというのはおかしい。

その建設業の社長様に直接聞くので、連絡先を教えて欲しいと依頼。

結果、相手側も自分たちも悪いと怒りを収めてくれて一件落着。

たぶんベトナム人の友人の家で飲んでいて、帰りに喧嘩になったと思います。

ただうちのベトナム人スタッフは怖がりなので殴られただけだと思います。

顔が腫れてあざがところどころにありました。

この事件も外国人を雇うとこんなものだと思ってしまいました。

開発試作アリスのベトナム人エンジニアがCAD/CAMを使って切削加工している動画です。

ぜひご覧下さい。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.