新着情報

外国人ブローカーの紹介でよく起こる事

更新日:

ある日、ベトナム人男性から電話がかかって来ました

優秀なベトナム人を紹介させて欲しい。

とりあえず会って下さいと。

会うと賢く誠実そうな若者でした。

2回目はベトナム料理を御馳走。

紹介してもらうことにしました。

ベトナム人女性の翻訳・通訳を紹介してくれました。

素晴らしい能力の女性です。

留学生だったのでアルバイトで採用。

4月に正社員転換。

「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を取得。

6月にいきなり退社していきました。

元々就労ビザの取得が目的だったのではないかと思います。

留学生は日本の大学生と同じで仕事が続かないのかもしれません。

ですが、外国人エージェントからの紹介はお勧めできません。

その前も1名、翻訳・通訳でベトナム人女性を採用しましたが、仕事を遊び半分で行い、言葉もN2レベル=N4程度でした。

問題も多々起こし、注意しても反省なく退社。

良い経験がないので、外国人エージェントからの紹介はお勧めできません。

紹介する事で手数料を企業と本人からもらっています。

新しい求人している会社が見つかると留学生や他社に紹介した人を再度紹介します。

誠実な人もいますが、ほとんどが無資格者で留学生にも混じっています。

目的はお金儲けなのです。

何度も転職を繰り返す人はエージェントにとってはおいしい。

学歴や経歴を詐称している人の紹介などが多く、仕事や日本語の能力はありません。

問題を起こして退職した人たちが、エージェントを頼る場合が多く危険です。

開発試作アリスのベトナム人エンジニアがCAD/CAMを使って切削加工している動画です。

ぜひご覧下さい。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.