新着情報

外国人雇用でよく聞く悲しい話

更新日:

外国人雇用でよく聞く悲しい話。

最低賃金で働かせたい。

でも在留資格に適合しない。

「技術・人文知識・国際業務」に適合する職務で申告して、

実際は単純作業をさせる。

実際に多いケースです。 悪徳業者が提案してきます。 

また学籍や経歴を詐称した人たちを、なんとか入国させたい場合、

在留資格の適合した職務で申請すれば問題ない。

それに最初は最低賃金が良い。

いきなり給与が良いとその人たちのためにならないから。

そう悪徳業者が提案してきます。

なぜ最低賃金を提示してくるのか?

それは、1年後に就労ビザを更新した後、もっと給与がいい

会社があるから転職した方が良いと転職させたいからです。

その転職先はエンジニアが働いてはいけない職種であり、ハードな仕事です。

本人たちはとにかく日本で働いて稼ぎたい。

だから、就労ビザの更新が済めば転職していきます。

その人が辞めたら悪徳業者から次の人を紹介すると連絡があります。

※私も経験済みです。

本人は違法でも関係なく稼ぎたい。

悪徳業者は会社や本人たちから転職の度に紹介料をもらえる。

雇用した悪徳会社も低賃金でハードな仕事をさせる事ができる

外国人の人材を確保できる。

「三方一両得」なので、まともな会社では雇用を継続する事ができません。

弊社のベトナム人エンジニアがCAD/CAMを使って切削加工している動画です。

ぜひご覧下さい。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.