新着情報

外国人雇用の未来予想図

更新日:

30年以上前に初めて知った外国人雇用の現場。

当時、堺市ではブラジルの人たちが多かったと思います。

それに中国や韓国の人たちも大勢いました。 中国や

今はベトナムの人たちがたくさんいます。

ミャンマーやスリランカの人たちも急激に増えてきました。

確かにまだまだ外国人たちが増えていくことに拒否感をもつ

日本人がたくさんいます。

ですが、当分は更に増え続けると思います。

それも日本が裕福だからです。

これから日本経済は更に落ち込み、貧困化していくと予測している

人たちも大勢います。

そうなると外国人は働く国として考えなくなります。

観光地となります。

ドイツやアメリカなどで働くアジアの人たちが急激に増加しています。

ますます増えるでしょう。

ベトナムでもヨーロッパに行く人が増加。

アメリカも少しずつ増えていると聞いています。

いつまでも日本を選ばない。

裕福な国を選んで働くのです。

そうなれば外国人は日本が大好きで帰化する人たちか、観光に来られる

人たちだけになります。

マーケットも縮小するのであれば人が余ってきます。

今のうちに日本企業や日本人は能力を高めておく必要があるのでは

ないかと思います。

弊社のベトナム人エンジニアがCAD/CAMを使って機械加工している動画です。

ぜひご覧下さい。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.