新着情報

日本語能力のミスマッチ

更新日:

厚生労働省で、「民間職業紹介従事者の人材育成推進事業」が行われています。

そこで「外国人材の職業紹介に関する調査」があり、その結果です。

職業紹介した時のミスマッチ。

原因の第一位は、日本語能力との事です。

第二位は、仕事内容。

第三位は、能力・経験と続きます。

そこでよく聞く、日本語能力のレベルです。

もっとも一般的なのが、日本語能力試験です。

5段階のレベルがあります。

N1=幅広い場面で使われる日本語を理解することができる。

N2=日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で

使われる日本語をある程度理解することができる。

このレベルは、通訳翻訳できる高い能力となります。

N3=日常的な日本語をある程度話すことができる。

このレベルまで能力があると仕事では、問題ありません。

N4=基本的な日本語を理解することができる。

このレベルまで能力があると仕事では、ほぼ問題ありません。

但し、少し気遣ってのフォローが必要です。

N5=基本的な日本語をある程度理解することができる。

日本語研修を6ヶ月間以上学ぶとN4レベルです。

技術エンジニアのご紹介では、日本語研修が3ヵ月前後と

なる場合が結構あります。

その短い期間となると、N5レベルかもう少し劣ります。

入国してきた外国人の新入社員がどの程度日本語研修を学んで

来たのかを考えてあげないといけません。

理想はN4レベルです。

但し半年間の座学ですから、すぐに方言がある言葉の理解やクセの

強い文字を理解できる訳ではありません。

私の経験では、せめて6ヶ月間は様子をみてあげないと実力が

発揮できません。

仕事をして、帰宅後日本語を学んでいる人は大きく進歩します。

6ヶ月後に判断してあげるのが良いと思います。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.