新着情報

日本語能力のリアリティー

更新日:

外国人採用でもっとも心配なのが日本語能力。

日本語検定試験での結果がひとつの基準となっています。

N1が最も難しく、N5が最も優しい。

外国人の求職者の履歴書などで書かれている日本語の能力。

N4やN5、N3とかであれば問題ありません。

但し試験なので、実際の能力とは違う場合があったり、取得からの年数によって忘れていたりするので面接などで確かめる必要があります。

日本にいる外国人エンジニアの場合は、入国から日本人と話す努力を怠り、ベトナム人だけで会話して来た人は、日本語の能力が大きく下がっていたりします。

そんな人は受験勉強のために学んだだけと同じで、入国後はまったく勉強せずに仕事以外は遊んでいます。

聴く事や書く事、話す事を確かめれば、すぐに分かります。

外国人との面接や会う機会がない場合はわからないかもしれません。

最低ランクのN5でも、一般的なイメージより話せたり書けたりします。

N4は、まずまず書けたり聴けたりします。

N3なら、専門用語や方言、込み入った話でなければ、ちゃんと理解できます。

うちのベトナム人エンジニアは、2名がN3です。

仕事での読み書きは問題ありません。

会話も微妙なところ以外は何も困りません。

それも一度理解できれば、次は大丈夫なレベルです。

私は毎日一緒なので、こんなものと思っていますが、ご来社した方々はこんなにレベルが高いんだと驚くレベルがN3です。

N2はコンビニバイトで上手だなと思うレベルです。

N3でも接客が問題なくできると思います。

ですがN2は通訳や翻訳ができるレベルなのでN3とは幅広さや深さが違います。

試験だけでなく、本物のN1は方言を使い分け、平均的な日本人より読み書きが上手です。

日本語の言葉や文章を理解する力はハイレベルで、かなり学んだ日本人でないと勝てないレベルです。

ちゃんとした資格保持者は、イメージよりかなり上だと思います。

開発試作アリスのベトナム人エンジニアがCAD/CAMを使って切削加工している動画です。

ぜひご覧下さい。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.