新着情報

日本語能力試験(JLPT)とは?

更新日:

外国人採用で気になる日本語能力。

日本語能力試験(JLPT)などでランク分けされています。

その特徴です。

①課題遂行能力のための言語コミュニケーションを測る。

日本語の文字や語彙、文法についてどのくらい知っているか?ということだけでなく、その知識を利用してコミュニケーション上の課題を遂行できるかと重要視。

「言語知識」「読解」「聴解」という3つの要素により。総合的に日本語コミュニケーション能力を測かっています。

②5段階のレベルに分類されています。

これがN1、N2、N3、N4、N5という5段階のランクです。

N4とN5では、基本的な日本語がどのくらい理解できているかを測る。

N1とN2では、現実の生活の幅広い場面で使われる日本語がどのくらい理解できているかを測ります。

N3はN4、N5からN1、N2との橋渡しのレベルとなります。

正確かつ公平に試験をするために工夫がされているようです。

開発試作アリスのベトナム人エンジニアがCAD/CAMを使って切削加工している動画です。

ぜひご覧下さい。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.