新着情報

注意すべき受入機関の人は?

更新日:

外国人採用をするときに関わるのが、現地の送出機関と日本の受入機関です。

私たちアンサー×アンサは-受入機関となります。

監理団体としても活動していますが。そちらも受入機関です。

選ぶときに注意すべきは、良い事ばかりを言うところです。

それに価格が安すぎるところ。

また現場や働いているスタッフをしっかり見ずに知識でわかったフリをする人。

社労士や行政書士に多いかもしれません。

経営者に重点を置く人たちはお金儲けです。

または顧問契約したい士業さんとか別に目的がある人たち。

経営コンサルタントみたいな人も後々難儀します。

営業さんもリピーターにならないと判断されたら、他人事になる人が多いです。

やはり採用して、どんな仕事をして欲しいのか?

どんな人たちと?

それを重視する人は本物ではないかと思います。

現場が一番大切です。

開発試作アリスのベトナム人エンジニアがCAD/CAMを使って切削加工している動画です。

ぜひご覧下さい。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.