新着情報

ベトナムで生産される事が増えるダイカスト部品

更新日:

航空機や自動車、家電や機械などに使われるアルミ部品はベトナムで

たくさん製造されています。

日本ではダイカストの製造は3Kと呼ばれ、求人しても人が集まらない

状況になっているので、ベトナムで生産される事が多くなって来たの

だと思います。

それに人件費や材料費、加工費なども日本の1/3ぐらいです。

ベトナムのハノイでダイカスト工場を数件視察して来ましたが、

男女の比率が半分ずつぐらいでした。

たくさんのベトナム人が働いていて、ダイカスト部品がたくさん

完成していきます。

こういった光景は日本のダイカスト工場では見かけなくなりました。

ベトナムでは3Kだという認識はなく、普通の仕事なので人が

大勢働いていて、後加工もスピーディーに進んでいきます。

機械は古いのですが、たくさんあって生産高が多く安価に製造できます。

たくさんの設備&人でどんどん製造していく現場。

今の日本では実現できない生産方法なのだと思います。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.