新着情報

ベトナムからエンジニアを採用した場合のタイムスケジュール

更新日:

東大阪切削試作アリスではアルミ、銅、真鍮などの金属素材やPBT、PPS、TPX、PSU、ジュラトロン、ポリカ、CFRPなどのプラスチック樹脂素材で、試作品、治具、部品を製作しています。

ベトナムから来日してアリスに入社したエンジニアの2人。

今回は面接から入社まで約4.5ヶ月間となりました。面接して採用を決め、申請書類や必要書類を揃えるのに約1ヶ月間。

行政書士での手続きが約2週間。

入管に申請して許可が下りるまでに約2.5ヶ月間。べトナムでの出国申請に約2週間。

アリスは入国手続きを何度も行っているので入管での追加書類などはありませんでした。

外国人雇用が初めての場合は5~6ヶ月間になる場合が多いです。

日本語レベルには差があって、若い子はN3を取得。日常会話がスムーズにできます。

もう一人はN5程度。勉強する期間が短いので、N4まではいけないのが普通。半年でN4に達すれば良い感じです。

N4であればまずまず会話はスムーズ。

N5は理解力がイマイチなので会話に少し時間がかかります。入国後も勉強を続けていますので、語学はどんどん進歩してきます。

特に私は方言がきついので、わかりにくいようではありますが。(笑)

知っているようで知らない機械加工という加工方法。

この動画はCNCというコンピューター数値制御のマシニング センタで機械加工しているところです。

ぜひご覧下さい。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.