新着情報

外国人の国内転職者は要チェック!!

更新日:

就労ビザでもっとも多い「技術・人文知識・国際業務」 です。

ベトナム人エンジニアも、もの在留資格に含まれます。

この「技術・人文知識・国際業務」という在留資格は、転職ができます。

転職ができない技能実習とは大きく違うと事です。

技能実習生は、3年間は必ず勤めてくれますが、帰国します。

延長しても、最長で5年間となります。

ベトナム人エンジニアは、自分で転職先を見つけてアプローチします。

(株)アリスでも、求人するとたくさんのベトナム人エンジニアから

応募があります。

弊社では、今は転職者の採用は基本的にしていません。

ベトナムから召喚しています。

その理由は、転職慣れしているベトナム人エンジニアが多く、入社しても

数年で退社するからです。

そういった人は常に転職先を探しています。

35歳オーバーになると、転職回数も増えて、履歴書や職務経歴書も

誤魔化せなくなります。

そろそろ落ち着きたいと定職しようと考えます。

ですが、そういった人は不平不満や誹謗中傷が多くまたチームに馴染まない

自己中心的な性格の人が多い。

雇用するとチームを混乱させます。

また上手にさぼったり、手癖が悪く道具やノウハウの持ち帰りなどが習慣化

しています。

国内在住の転職者を雇用する場合は外国人の雇用に詳しい人にチェック

してもらった方が良いと思います。

その結果、採用した場合は、行政書士に依頼して届出 してもらうことが

必要です。

届出せず雇用している場合はすべての期間が不法労働。

そうなれば大変なことになります。

安易な採用はご注意願います。

-新着情報

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.