ベトナム人エンジニアのご紹介料金

基本料金

紹介手数料 諸経費 基本料金合計
300,000円 100,000円 400,000円

(税別:振込手数料別途)

  • ■日本語の能力レベルは基本的に、N3~N5となります。 N5=基本的な日本語をある程度理解できる。
    N4=基本的な日本語を理解できる。
    N3=日常的に使われる日本語をある程度理解できる。

    ☆日本語は入社してからも学び続けるため、確実にレベルアップします。
    難易度の高い仕事内容でも理解できるようになっていきます。

    ☆履歴書などに記載されている日本語能力は、あくまで目安としてお考え下さい。
    実際の日本語能力は、面接でご一緒に確認させていただきます。
  • ■紹介手数料には、現地求人費用や日本語教育、出国手続きなどの諸経費を含みます。 ※.入社時のベトナム人スタッフによる通訳・翻訳も、紹介手数料に含まれています。
    ☆本人の都合による早期退職の場合、紹介手数料を返金します。
  • ■諸経費には、ベトナムからの渡航費、空港送迎、在留カードの受取、転入届や銀行口座開設、貴社同行などの諸経費となります。 ※退職者の引越や帰国などの費用を企業が負担する必要はありません。
  • ■N3以上での限定で求人する場合は別途料金が掛かります。
  • ■入社後も企業様とエンジニアの懸け橋としてバックアップします。

お支払方法

■内定時に申込金:100,000円(税別・銀行振込:手数料別途)
募集段階や面接までには、費用は一切かかりません。
また内定者がでない場合も費用負担は一切ございません。
入国後、1週間以内に残金300,000円を指定口座にご入金いただきます。
※内定から費用が発生します。採用後のキャンセルによる申込金の返金は基本的にはできません。

早期退職した場合の返金保証

  • 入社後=1ヵ月以内300,000円(100%返金)
  • 入社後=3ヵ月以内150,000円(50%返金)
  • 入社後=6ヵ月以内750,000円(25%返金)

(税別:振込手数料別途)

※自己都合で6ヶ月間以内に退職した場合の返金保証制度となります。

■本人及び退職届などの書類確認後に、ご指定口座に振込致します。
■6ヵ月未満で退社した場合は、無料でもうひとり紹介する事もできます。

その他

■社宅(寮)、家電製品、調理器具、WiFiなど最低限の生活必需品が必要です。
生活必需品の購入金額(目安)=100,000円未満となります。
購入リストでご確認願います。

※1.入国時だけで、その後の生活用品等は本人の購入となります。
※2.住居、家電製品、調理道具などは、入国までにご準備願います。

■生活必需品の買出代行をサービスで行っていますのでご安心下さい。

オプションA

  • 入国手続き/就労ビザ申請費用(専門の行政書士による申請代行)75,000円~150,000円

(税別:振込手数料別途)

■ベトナムから日本に労働で来る場合は、入国手続きや就労ビザの申請が必要です。
■ご依頼いただいた場合は、外国人採用に特化した行政書士が申請します。
■初回の入国手続き費用は、会社負担でお願い致します。
※入国手続き/就労ビザ申請代行は、状況や採用人数によって金額が変動します。
■お支払いは申請時に半額、在留資格認定証明書が交付された時に残りの金額を指定口座にお振込み願います。

※審査の結果、交付されない場合は申請費用のみとなります。

オプションB

  • ベトナム人スタッフの派遣(通訳・翻訳)サービス:5時間/回 15,000円
■専門的な指導を5時間かけてしっかり行いたい場合の出張サービスです。

※交通費は別途お支払いとなります。

オプションC

  • 年間サポート(月額) 10,000円

(税別:振込手数料別途)

■年間サポートの内容は通訳・翻訳・メンタルサポートとなります。
※ベトナム人スタッフによる面談や電話、SNSでのフォローなども含みます。
■弊社でご紹介したベトナム人エンジニアのサポートは、基本的には無償で行います。

※通訳や翻訳のボリュームによっては別途費用となります。
※訪問しての面談サポートは別途費用となります。

オプションD

  • オプションD:キャリアアップ助成金申請費用(社会保険労務士による申請代行)

(税別:振込手数料別途)

■手数料=助成金受給額の20%となります。
☆570,000円の場合=20%=114,000円
■ご依頼いただく場合は採用の段階でお声がけください。

オプションE

  • オプションE:就労ビザ更新申請費用(専門の行政書士による申請代行)80,000円~100,000円
■発行された期限までに行う就労ビザの更新手続きです。
有効期限には、1年間、3年間、5年間があります。
   在留期間は入国管理局が決定致します
■ご依頼があった場合は、外国人に特化した行政書士が代行申請を致します。
■入国後1年間以降の就労ビザ更新費用は本人負担で問題ありません。
※費用のお支払いは企業様の立替でお願います。

お支払いは申請時に半額、在留資格認定証明書が更新された時点で残りの金額を指定口座にお振込み願います。
☆審査の結果、交付されない場合は申請費用のみとなります。

更新日:

Copyright© 外国人採用サポートセンター , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.